ジスロマックはリンパの腫れや胃陥凹変の治療にも使う

ジスロマックは最近による感染症の治療薬で、リンパ管やリンパ節の炎症を抑制する効果があります。リンパ節炎はマイコプラズマ肺炎の合併症として有名で、ジスロマックはマイコプラズマに対処できます。他の抗生物質と比べると飲み合わせの悪い薬が少ないので、子供にもよく処方されます。最近は抗生物質の効かない細菌が増えていますが、まだジスロマックの効果は高いので、医師の判断に従って服用すればリンパの腫れも治まります。またジスロマックはヘルペスの治療にも用いられます。性器ヘルペスは性行為が原因ですが、口腔内に症状が出ると口腔ヘルペスになります。口腔ヘルペスはヘルペスウイルスに感染した人とのオーラルセックスの他にも、食生活が乱れたりストレスが溜まったりすることで、免疫力が低下した時に発症します。ストレスが大きな原因となっている時は、皮膚だけでなく内臓にも負担がかかっていることを意味しています。消化器官では胃陥凹変を引き起こしやすくなっています。胃陥凹変とは胃潰瘍として名称が知られている病変で、胃の粘膜が凹んで見えます。ヘルペスはストレスによって変わる内臓の働きと連動しているので、消化器官の一つである胃に病変があればヘルペスの発症リスクは高くなります。胃陥凹変は放置すると胃がんにまで進行するので、胃の状態は精密検査など様々な角度から観察して潰瘍に対処しなければなりません。一般的に、胃陥凹変は胃薬で治しますが、ジスロマックも服用することでヘルペスの予防にもつながります。性器ヘルペスはストレスの影響を受けにくいですが、内臓の病変よりも症状を目視で確認できるので、早い段階で全身の健康状態を調べて病変があった場合は治療を始めることができます。

ページトップへ