ジスロマックが効かない病とは

病原微生物が人体に入り込んで、炎症や発熱などの症状をひきおこす病気が感染症とよばれるものです。感染症の原因となる病原微生物には、細菌、真菌、ウイルスといった、さまざまな種類のものがありますが、特にそうしたなかでも細菌に対しての効果を発揮するのが、ジスロマックとよばれる医薬品です。
このジスロマックは、服用すると細胞のなかに取り込まれて一定の濃度を保ちます。その間、ジスロマックの有効成分は、細菌のタンパク質の合成にかかわるリボゾームにはたらきかけて、タンパク質の合成を妨害しますので、細菌はついに増殖ができなくなってしまい、勢力が弱まって、やがては死滅してしまうのです。
ジスロマックが効果的とされる病気には、深在性皮膚感染症、リンパ節炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、尿道炎、子宮頚管炎、副鼻腔炎、歯周炎などがあり、かなり幅広い対象が含まれていることがわかります。
しかし、なかにはこうした病名がついていたとしても、ジスロマックを投与したのにまったく効き目がないという場合があります。誤診ということももちろんありますが、それよりも怖いのが、耐性菌とよばれる病原微生物の存在です。
ジスロマックのような抗生物質をむやみに使いつづけていると、なかには抗生物質に対抗するだけの強さを備えた細菌が出現してしまい、この細菌が体内で勢力を拡大してしまうと、それまでのようにジスロマックの投与ではまったく効果がなくなってしまうのです。
こうした場合、医師に効き目がないことを相談して、その指示のもとに、別の抗生物質に切り替えてみるというのもひとつの方法です。ジスロマックに耐性があったとしても、ほかの医薬品には耐性がないという場合もあるからです。

ページトップへ