クラミジアにジスロマックとクラビットが効果的

クラミジアは日本で一番感染者が多い、性感染症と言われています。男性の尿道炎や女性の不妊に強い影響を及ぼすというこの性病の特徴はなんといっても他の性感染症をはるかにしのぐ、非常に強い感染力にあります。クラミジアの病原菌は「クラミジアトラコマチス」という細菌で、性器や膣、咽頭、直腸などへ性交渉を通して感染します。性行為はもちろんキスでも病原菌が感染するという非常に恐ろしい性感染症です。

この治療にあたっては、今までは長い期間をかけて服薬治療をする必要があったのですが「ジスロマック」という薬の登場で、たった1回の服用で90%完治するという画期的な治療法が生まれました。ジスロマックは病原菌が増殖するために必要な蛋白質を、作らせない作用があり、効果が1週間と長く続く為経済的にも、飲み忘れを防ぐうえでもリスクが少ない薬品です。

このジスロマックと共に、クラミジア治療で使われる製剤で「クラビット」というものがあります。これはジスロマックより効果の保持期間は短いものの、さらに強い殺菌効果を持っており、直接病原菌を殺す効果があるので、劇的にクラミジアトラコマチスを減らす事が出来ます。ただし、クラビットの強い効果はそのまま副作用にも現れるので注意が必要です。主な副作用としては発疹、下痢、頭痛、吐き気などで、ジスロマチックは妊婦さんでも服用して大丈夫といわれるほど安全ですが、クラビットを服用する上では十分に注意して、副作用の危険性も把握しておく必要性があります。

また、それぞれの製品に対してジェネリック医薬品が出ているので、成分、効果が同程度で安価なジェネリックを服用することも可能なので検討すると良いでしょう。

ページトップへ